損をしない質屋選び

質屋選びで損をしないためには、どんなことに注意すれば良いのでしょうか。

大切なことは業者を比較するということですが、インターネットで闇雲に業者を比較して査定額の高い業者を選べばいいわけではありません。

そもそも査定額というのは、実際に現物の品物を見なければ正確な額は出ないのです。

また、チェーンや大手の質屋では、査定額の変動が激しいため、いつも同じ査定額を提示してくれるとは限りません。

ですから、自分が質に入れようとしている品物には、どれくらいの価値があるのか、最高・最低でどれくらいの価値があるのか、どういった点が査定額のマイナスになるのかを調べ、自分の品物に照らし合わせてみることが大切です。

どんなに自分では価値があると思っていても、最後は質屋が査定をしますので、質屋を選ぶ前に、品物のことを知っておきましょう。

そして、業者を選ぶ際には、自分の品物のジャンルを得意としている業者を選ぶことが大切です。

自分の品物を正しく評価をしてもらいたいのであれば、その品物について査定経験の多い業者を選ぶことが、損をしないポイントです。

この記事は質屋選びで損をしない方法に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。